家庭の医学 眼病 レーシック

眼病についてろいろと情報を集めていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漢方薬の使い方
病気を治す働きがあるとされている漢方薬ですが、花粉症にも利用される事があります。
漢方薬は薬というよりは、ゆっくりと効果を持続させからだの機能を回復させる効果があります。
現代の医療現場で用いられる西洋医療と、漢方を利用する東洋医療では根本的な治療法法が異なるため、一般的な病院では利用されていません。
西洋医学ではきちんとした検査などにより病名を明らかにして、科学的根拠の上で薬を利用しています。
しかし、東洋医学では薬草などを症状別に配合した薬を利用し、患者ごとに違った漢方薬を処方され、長年の経験と実績のある医師でなければ正しい薬を処方する事はできません。
しかし、薬には副作用があるのに対し、漢方薬は薬草をメインに配合されていますから効果がゆっくりで比較的副作用が少ないと考えられています。

花粉症の漢方薬
花粉症に利用される漢方薬には、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。
他には、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)なども利用されています。
漢方薬で利用されるのは、からだを温めて花粉症を治療する考えで、体質改善を目的とした治療となります。
漢方薬を利用する時には、効果が現れるには時間がかかる事を知っておかなければなりません。
また、漢方薬には西洋医学的な効果がある薬もあるので、他の薬を飲んでいる場合には医師や薬剤師に相談の上飲み合わせに注意しましょう。
漢方薬には副作用が少ないと言われていますが、薬には間違いありませんから他の薬と同様に副作用が無いとは言い切れません。
どちらの治療方法を選ぶかは本人しだいですが、医師や薬剤師の説明を良く聞き納得できる方法で治療しましょう。

  1. 2009/01/09(金) 17:26:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://campo25.blog54.fc2.com/tb.php/3-4c4bd9a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2012/11/24(土) 02:47:26 |

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

soft25

Author:soft25
FC2ブログへようこそ!

ランキング

健康・ダイエッ トランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。