家庭の医学 眼病 レーシック

眼病についてろいろと情報を集めていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

 
漢方薬の考え方
翻訳の柴田元幸が現代のアメリカ作家9人にイタンビューする
「ナイン・インタビューズ」の中でも取り上げられていた作家さんの作品。
この作家さんは「からだの贈り物」と、ペーパーナック読みかけの「The end of youth」に続いて3冊目。
母親が癌にかかり、衰弱していって亡くなるまでを、最期まで看病と介護を続けた主人公の視点で描く作品。

 

「貧血」、「嘔吐」、「幻覚」、「モルヒネ」といった用語でつけられた各章のタイトルの下には、
「家庭の医学」という名の通りに、それぞれの用語の専門的な解説が添えられています。

で、それぞれの章の内容も、可能な限り感情を出さずに極めて淡々と描かれていくのがとても印象的です。
しかし、この作品は、語らないからこそ、むしろ、語らないことによって、
 
そのできごとが直球で胸につきささり、結果として、深い感情を引き起こすことに成功しているように感じました。
「からだの贈り物」もこれと全く同じような作品だったので、この作者の特徴なのでしょう。
 
癌の母を看取るというと、感動の押し売りのような印象を与えますけど、
そうではなくて、とてもリアルに淡々と展開していく作品なのです。
 
最後は母が亡くなって終わりとなるのだけれど、それに反して、
読後感は意外にもそこまで暗くはありません。最後に向かって、
死に直面する母親が、ようやく楽になり、天国で待つ人々のもとへと旅立っていけたというように
感じさせる展開の仕方が本当に上手なのだと実感します。

作者の実体験に基づくという、ノンフィクション的要素の強い作品ですが、
このような形をとるにせよ、どのような形であっても、残されたものが去っていったものを
忘れないことが大切なのだと思います。

自分の親はまだまだ健在ですが、20年後、30年後、そしてまた、
自分が老いていく50年後、60年後に読み返してみると、また違った読後感を味わえるのかもしれません。
 
 

漢方薬が病気に効く理由

皮膚は肺、肝臓、腎臓、心臓などの内臓に比べて、生命維持に対する重要度は高くありません。
その故に内蔵に比べると、皮膚は不健康の症状が現れやすいです。
その不健康の症状の1つに、皮膚の病気であるじんましんがあります。
 
不健康なために発生したじんましんを治すには、不健康を治す必要が出てきます。
漢方薬が有効なのは皮膚に直接的に改善効果を求めるのではなく、
個人のライフスタイルに重点を置きながら、個人の不健康に合わせて調合していきます。
 
また、漢方薬は日本の風土や気候、体質にも合わせてアレンジした薬剤を使用します。
したがって、この場でこの漢方薬であれば、じんましんが治るとは断定できません。漢方薬の専門医への診断が必要です。
西洋医学と漢方治療の違いヨーロッパを中心に発達した西洋医学では、
急性じんましんや慢性じんましんを発症した場合、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用します。
また、重度の場合はステロイド薬の内服、点滴などを行います。
 
一方、中国を中心に発達した漢方治療はアレルギー性の疾患に対して、
まずは基礎的な体質を整えることを目的とします。
かゆみを抑えながら、体調を含めて、じんましんに効果が高いとされる漢方薬を試していきます。
また、じんましんは精神的影響ができやすく、その意味でも心身を総合的に治療する漢方薬は、
じんましんに適した治療法とも判断できます。
さらに漢方単独でも効果が期待できますが、かゆみが激しいときは抗ヒスタミン剤を併用することが多いです。

 
漢方薬の症状別の効能

漢方では対症療法として、かゆみを止める石膏(せっこう)や山梔子(さんしし)などの生薬を用いますが
、根本的な体質改善として補気作用(体力をつける)のある生薬である黄耆(おうぎ)や
人参(にんじん)、大棗(たいそう)、甘草(かんぞう)なども併用します。
内臓を強くすることで末梢への血液の流れも良くなり、皮膚も健康を取り戻します。
 
そして、精神的なストレスを抑える生薬の柴胡(さいこ)、
竜骨(りゅうこつ)、牡蛎(ぼれい)なども加えストレスに備えます。
漢方薬が持つメリットの1つとして、良くなった後には薬を飲むのをやめても
悪くならないということがあります。
 
体にある病気治癒力を利用した漢方で、皮膚だけでなく内面から
美しく健康な肌を手に入れることも可能です。
漢方薬は健康保険の適用が受けられます。
逆に健康保険が適用されるということは、医師の判断が必要でもあるということです。

個人の知識だけで、漢方薬を服用すると全くじんましんが改善されず、一層悪化する場合もあります。
個人の判断でネットで購入したりするのは危険です。
 
漢方薬とは中国の伝統医学の一種である漢方医学の理論に
基づいて処方される薬のことを指します。
 
その漢方薬は複数の生薬をあらかじめ組み合わせて処方します。
漢方の方法論においては副作用という概念はありません。
漢方では副作用が出た場合は誤治、すなわち診断ミスか投薬ミスとみなされています。
漢方薬はじんましんに効果が期待できる治療法です。
漢方薬を投与する際は必ず専門医の診断を受け、指示に従いましょう。

  1. 2009/01/06(火) 17:56:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://campo25.blog54.fc2.com/tb.php/1-f592c828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

soft25

Author:soft25
FC2ブログへようこそ!

ランキング

健康・ダイエッ トランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。