家庭の医学 眼病 レーシック

眼病についてろいろと情報を集めていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご訪問どうもありがとうございます。このサイトでは眼の病気についての
情報を提供していこうと思っています。

緑内障
眼圧が上昇すると視神経に障害が起こります。
この障害で視界が狭くなり視力低下を起す病気です。

細かく言うと 水晶体と角膜の間にある房水という部分があります。
ここで水分の出入りがあることで、一定に保たれてるはずの
眼圧が上昇し視神経を圧迫してしまい障害がでるということです。

この眼圧上昇の原因は 先天性異常、ステロイド剤投与、
房水を排出する偶角の障害などとされています。

しかし最近のケースでは
正常な眼圧でも視野が狭くなってることが多く、
人間ドックなどの検診で偶然にも幸いにも
発見できた!ってことがあるそうです。

【症状】
吐き気・嘔吐。
頭痛や目の痛み。
視野が狭くなる視野狭窄(きょうさく)。

【治療】
眼圧上昇が見られる場合は眼圧上昇を下げる
処方(薬)。
ステロイド剤が原因の場合は薬剤使用の中止。
手術などの手段をとることもあります。
 

アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎とはアレルギーによって起こる結膜炎のことです。
このアレルギー性結膜炎の原因になるものには、花粉、ハウスダスト、ダニなどがあります。

そしてアレルギー性結膜炎は、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などになったことがある人が起こりやすいといわれています。

アレルギー性結膜炎が重症化すると春季カタルと呼ばれ、春先や季節の変わり目にアレルギー性結膜炎が繰り返されます。

【症状】
アレルギー性結膜炎の特徴的な症状は目のかゆみです。
そして目やに、流涙、目の充血、目の痛み、かすみ目などの症状もみられます。
アレルギー性結膜炎の検査では前眼部の炎症を確認します。


角膜炎
角膜炎とは目の角膜に炎症が起こる病気です。

角膜とは黒目の表面にある透明な組織で、知覚神経が走っています。そのため角膜に炎症が起きると痛みを感じます。

角膜の炎症を引き起こす原因には、細菌、カビ、ウイルス、アメーバなどによる感染症、怪我や薬品などによる傷、免疫異常や病気などから引き起こす非感染症などがあります。

【症状】
激しい目の痛み、目の充血、視力低下、異物感、流涙、目のかすみなど。

角膜には知覚神経が走っているために、炎症が起きると激しい痛みが生じます。
そして炎症が進行すると角膜が濁って視力が低下していきます。

ひどくなると角膜に孔が開いて失明する危険性も伴います。
角膜が一度濁ると元に戻らないため、早期に治療することが大切です。

角膜炎の診断では細隙灯顕微鏡で角膜を観察して、角膜炎の診断を行います。
感染症の可能性がある場合は、生検を実施します。


【治療】
角膜炎の原因が細菌感染の場合は、抗菌薬や抗生物質による薬物療法を実施します。

角膜炎の原因が非感染症の場合はステロイドの点眼や角膜保護治療薬、抗生剤などが使用されます。
症状が軽い場合は短期間で治って予後も良好です。

 
白内障

白内障とは目の水晶体といわれる部分が濁る病気です。

水晶体はもともと透明な糖タンパク組織ですが、何らかの原因で糖タンパク質が変性して水晶体に濁りが生じます。
水晶体に濁りが生じると、光が正常に透過しないために、見え方に変化があらわれます。

白内障の主な原因は老化で、高齢者の患者さんに多く見られます。
目の老化以外の原因としては糖尿病やアトピー性皮膚炎などがあります。


【症状】
目のかすみ、視力低下、近視化など。

水晶体の濁りはゆっくりと進行していきますので、ある程度進行しても自覚症状がないことがあります。

しかし、濁りが目立ち始めると光の透過量が少なくなってくるため、徐々に視界がかすんで見えるようになってきます。同時に視力低下も徐々に進行していきます。


白内障の検査では上記の検査項目に加え、細隙灯顕微鏡によって角膜や水晶体の状態を確認します。
また、老化以外で白内障が起きているのか判断するための問診を行って、必要に応じて内科的検査も実施されます。

【治療】
薬物療法と手術療法があります。

薬物療法では水晶体の濁りを取り除いたり、進行を止めるのに有効な薬はないのが現状です。
そのため薬物療法は軽度の白内障に対して進行予防のために用います。

手術療法では濁った水晶体を取り出して、眼内レンズを入れる手術を行います。
眼内レンズとは水晶体の代わりになるプラスチック製のレンズです。

手術後は当日から数日で視力の回復が期待できます。

 眼底の病気
 
 高血圧、心臓や腎臓の病気、抗血小板薬やインターフェロン投与中の方は眼底に出血を起こしているケースをよく見かけます。
一旦下がった視力の回復は困難なので仮に目が見えていたとしても早めの受診を心がけて下さい。
当院では造影検査での早期発見や評価、レーザー光線や網膜硝子体手術で治療が可能です。 

その他の目の病気
 
 目やに、痒み、充血、疲れなどは、大抵は点眼治療等で治りますが、期日を要したり、すぐに処置が必要なときがあります。
緊急を要する場合も少なくないので市販薬などで我慢せず早めに受診して下さい。それが結局は早期治癒につながる事が多いです。市販薬の使用はいい場合もありますが出来るだけ避けてください。重症化または難治例が増えてきています。 

 レーシックについてリンクあります
レーシックとは 医療用エキシマレーザーを使用した視力矯正の新しい技術(近視矯正法)で、レーザー治療により視力が回復できるという脅威の視力回復法です。
手術を受けた人に聞いてみると、やはり最初は資料を請求して、検査来院して、先生と納得ゆくまで話してからという人が多いというのもうなずけます。

 

全世界では、毎年数百万人の方が利用している手術で、日本でも2000年に厚生労働省からエキシマレーザー装置に対する認可されて以来、毎年手術を受ける方が増えていることで、視力回復方法の一つの手段として急速に普及しています。

 海外では、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が手術を受け成績が向上したのが有名ですが、それ以外でも多くの視力に悩むスポーツ選手が近視矯正手術を受けています。 

近視の眼では光のピントが合わず映像がぼやけてしまいます。
そこでレーザーで角膜に一部を蒸散させ平坦化することで光の屈折率を変えピントを正常な位置に補正するのがレーシック手術です。 

手術自体の時間は両眼で20分程度で済み痛みはほとんどなく、視力の回復も早いのが特徴です。手術当日は事前説明や検査を含めても1~2時間程度で入院も不要という点で普及している理由の一つでしょう。

 病院やクリニックを選ぶポイントは、料金、術前・術後のケア、それと症例数です。

 失敗する人の多くは、単に治療費が安いというだけでクリニックを決めたり、近くの眼科というだけで申し込んでしまうということのようです。

 自分の体の中にたった2つしかない貴重な眼。失明や副作用が発症しないように、手術料金も含めて優秀なクリニックを比較することが大切です。

 

マイクロケラトームという機器で角膜フラップを作成し、フラップの内側の組織をエキシマレーザーで削ることによって角膜の屈折力を変えるという手術法です。手術後は治療前にはぼやけて見えていた遠くの景色にピントを合わせることができるようになり、まさに革新的な屈折矯正手術といえます。

 

この屈折矯正手術は、角膜の形状に変化をくわえて、焦点が網膜で結合するように屈折率を調節し、視力を回復する手術です。実質層を露出させるためにフラップ(ふた)を作成し、露出させた実質層にエキシマレーザー照射し屈折率を調節し視力を回復させます。照射後はフラップを元の場所に戻しますので、眼への負担も少なく、副作用や感染症の心配が少ない手術です。

レーザー装置は複数のメーカーより様々な機種が出ていますが、先進国のアメリカでは、Visx(ビジックス)社のが最も多くの成功実績があります。最新バージョンの「STAR S4 IR」はより精密にレーザー切除ができる技術や、正確な眼球の追従機能を備えています。

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2009/01/01(木) 01:54:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

<次のページへ>

  1. 2009/01/04(日) 11:39:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

 
漢方薬の考え方
翻訳の柴田元幸が現代のアメリカ作家9人にイタンビューする
「ナイン・インタビューズ」の中でも取り上げられていた作家さんの作品。
この作家さんは「からだの贈り物」と、ペーパーナック読みかけの「The end of youth」に続いて3冊目。
母親が癌にかかり、衰弱していって亡くなるまでを、最期まで看病と介護を続けた主人公の視点で描く作品。

 

「貧血」、「嘔吐」、「幻覚」、「モルヒネ」といった用語でつけられた各章のタイトルの下には、
「家庭の医学」という名の通りに、それぞれの用語の専門的な解説が添えられています。

で、それぞれの章の内容も、可能な限り感情を出さずに極めて淡々と描かれていくのがとても印象的です。
しかし、この作品は、語らないからこそ、むしろ、語らないことによって、
 
そのできごとが直球で胸につきささり、結果として、深い感情を引き起こすことに成功しているように感じました。
「からだの贈り物」もこれと全く同じような作品だったので、この作者の特徴なのでしょう。
 
癌の母を看取るというと、感動の押し売りのような印象を与えますけど、
そうではなくて、とてもリアルに淡々と展開していく作品なのです。
 
最後は母が亡くなって終わりとなるのだけれど、それに反して、
読後感は意外にもそこまで暗くはありません。最後に向かって、
死に直面する母親が、ようやく楽になり、天国で待つ人々のもとへと旅立っていけたというように
感じさせる展開の仕方が本当に上手なのだと実感します。

作者の実体験に基づくという、ノンフィクション的要素の強い作品ですが、
このような形をとるにせよ、どのような形であっても、残されたものが去っていったものを
忘れないことが大切なのだと思います。

自分の親はまだまだ健在ですが、20年後、30年後、そしてまた、
自分が老いていく50年後、60年後に読み返してみると、また違った読後感を味わえるのかもしれません。
 
 

漢方薬が病気に効く理由

皮膚は肺、肝臓、腎臓、心臓などの内臓に比べて、生命維持に対する重要度は高くありません。
その故に内蔵に比べると、皮膚は不健康の症状が現れやすいです。
その不健康の症状の1つに、皮膚の病気であるじんましんがあります。
 
不健康なために発生したじんましんを治すには、不健康を治す必要が出てきます。
漢方薬が有効なのは皮膚に直接的に改善効果を求めるのではなく、
個人のライフスタイルに重点を置きながら、個人の不健康に合わせて調合していきます。
 
また、漢方薬は日本の風土や気候、体質にも合わせてアレンジした薬剤を使用します。
したがって、この場でこの漢方薬であれば、じんましんが治るとは断定できません。漢方薬の専門医への診断が必要です。
西洋医学と漢方治療の違いヨーロッパを中心に発達した西洋医学では、
急性じんましんや慢性じんましんを発症した場合、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用します。
また、重度の場合はステロイド薬の内服、点滴などを行います。
 
一方、中国を中心に発達した漢方治療はアレルギー性の疾患に対して、
まずは基礎的な体質を整えることを目的とします。
かゆみを抑えながら、体調を含めて、じんましんに効果が高いとされる漢方薬を試していきます。
また、じんましんは精神的影響ができやすく、その意味でも心身を総合的に治療する漢方薬は、
じんましんに適した治療法とも判断できます。
さらに漢方単独でも効果が期待できますが、かゆみが激しいときは抗ヒスタミン剤を併用することが多いです。

 
漢方薬の症状別の効能

漢方では対症療法として、かゆみを止める石膏(せっこう)や山梔子(さんしし)などの生薬を用いますが
、根本的な体質改善として補気作用(体力をつける)のある生薬である黄耆(おうぎ)や
人参(にんじん)、大棗(たいそう)、甘草(かんぞう)なども併用します。
内臓を強くすることで末梢への血液の流れも良くなり、皮膚も健康を取り戻します。
 
そして、精神的なストレスを抑える生薬の柴胡(さいこ)、
竜骨(りゅうこつ)、牡蛎(ぼれい)なども加えストレスに備えます。
漢方薬が持つメリットの1つとして、良くなった後には薬を飲むのをやめても
悪くならないということがあります。
 
体にある病気治癒力を利用した漢方で、皮膚だけでなく内面から
美しく健康な肌を手に入れることも可能です。
漢方薬は健康保険の適用が受けられます。
逆に健康保険が適用されるということは、医師の判断が必要でもあるということです。

個人の知識だけで、漢方薬を服用すると全くじんましんが改善されず、一層悪化する場合もあります。
個人の判断でネットで購入したりするのは危険です。
 
漢方薬とは中国の伝統医学の一種である漢方医学の理論に
基づいて処方される薬のことを指します。
 
その漢方薬は複数の生薬をあらかじめ組み合わせて処方します。
漢方の方法論においては副作用という概念はありません。
漢方では副作用が出た場合は誤治、すなわち診断ミスか投薬ミスとみなされています。
漢方薬はじんましんに効果が期待できる治療法です。
漢方薬を投与する際は必ず専門医の診断を受け、指示に従いましょう。

  1. 2009/01/06(火) 17:56:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アトピーと漢方薬
アトピーの治療でよく聞くのが「漢方薬」ですよね。では、アトピーに効く漢方薬とはどんなものがあるのでしょう?
漢方薬は一般的な民間療法とは違います。
漢方薬はきちんとした医療機関で処方されます。
体質や症状によって処方される漢方薬も違いますが、きちんと診察を受けてから漢方薬を処方してもらいましょう。
その方がアトピーが治る可能性が高いです。
また、漢方薬は最大で6週間続けて服用しても効果がない場合、
その漢方薬はあなたのアトピーには効果がないと判断していいようです。

アトピーの漢方薬の種類
アトピーの症状によって漢方薬の種類も変わります。
大きく分類するとアトピー時にできる湿疹に効く対症療法とアトピーそのものの体質改善に分けられます。
症状や年齢等でも異なりますが、
代表的なものは、対症療法では「治頭瘡一方(ちづそういっぽう)」という漢方薬です。
また、体質改善で代表的なものは「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」です。
「五苓散」・「温清飲」というのも試してみるといいかもしれません。
ですが、漢方薬は必ず診断を受けてから服用することをお勧めします。

アトピーの漢方薬の飲み方
アトピーで漢方薬を飲む場合、食前に飲みましょう。
空腹時の方が腸の吸収がいいためです。
食事の後に漢方薬を飲んでしまうと、食べた食事で漢方薬の吸収が遅くなり、効果が薄まってしまいます。
また、漢方薬は昔に比べてとても飲みやすくなりました。
しかし、どちらかというとやはり苦くて飲みにくいものに変わりはありません。
特にお子さんに飲ませるのは至難の業でしょう。
アトピーにいいから飲みなさい!と言っても苦いものは飲みたがらないからです。
その場合はゼリーに混ぜたりオブラートに包んだりして苦味を弱くしてから服用させるのがいいでしょう。

  1. 2009/01/07(水) 17:59:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢方薬の使い方
病気を治す働きがあるとされている漢方薬ですが、花粉症にも利用される事があります。
漢方薬は薬というよりは、ゆっくりと効果を持続させからだの機能を回復させる効果があります。
現代の医療現場で用いられる西洋医療と、漢方を利用する東洋医療では根本的な治療法法が異なるため、一般的な病院では利用されていません。
西洋医学ではきちんとした検査などにより病名を明らかにして、科学的根拠の上で薬を利用しています。
しかし、東洋医学では薬草などを症状別に配合した薬を利用し、患者ごとに違った漢方薬を処方され、長年の経験と実績のある医師でなければ正しい薬を処方する事はできません。
しかし、薬には副作用があるのに対し、漢方薬は薬草をメインに配合されていますから効果がゆっくりで比較的副作用が少ないと考えられています。

花粉症の漢方薬
花粉症に利用される漢方薬には、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。
他には、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)なども利用されています。
漢方薬で利用されるのは、からだを温めて花粉症を治療する考えで、体質改善を目的とした治療となります。
漢方薬を利用する時には、効果が現れるには時間がかかる事を知っておかなければなりません。
また、漢方薬には西洋医学的な効果がある薬もあるので、他の薬を飲んでいる場合には医師や薬剤師に相談の上飲み合わせに注意しましょう。
漢方薬には副作用が少ないと言われていますが、薬には間違いありませんから他の薬と同様に副作用が無いとは言い切れません。
どちらの治療方法を選ぶかは本人しだいですが、医師や薬剤師の説明を良く聞き納得できる方法で治療しましょう。

  1. 2009/01/09(金) 17:26:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
次のページ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

soft25

Author:soft25
FC2ブログへようこそ!

ランキング

健康・ダイエッ トランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。